キッチンの水漏れ等自分で可能な水道 修理について

キッチントラブルに、蛇口やシンク下の水漏れが起こりえます。水道 修理を適切にすることで、床下が水浸しになることを防ぐことが出来ます。衛生面でもカビや異臭を発生することを防ぐ効果があります。各種水漏れの原因と修理の仕方を知ることで、トラブル時も冷静な対応に繋がります。

■蛇口やシャワーホースの水漏れと水道 修理のポイント

キッチンで使う蛇口は、レバーやハンドルタイプの混合水栓、シャワーに切り替える事ができるシャワーヘッドタイプなどがあります。水漏れが起きる原因は、各種パッキンの劣化や部品の緩みや欠損があります。
水道 修理をする際に、ドライバーやレンチなど家庭に工具があれば、締めなおすことで対処できます。簡単な部品交換の場合は、ホームセンターで用意することも可能です。パッキンにゴミが付着している場合も、水漏れに繋がります。きれいに清掃をした上で新しいものにはめると良いです。
シャワーヘッドやホースの水道 修理が必要な場合は、正規品をメーカーから取り寄せることで対処することも可能です。取り付けにあたり、説明書に沿って行うことが必要ですが自分で難しいと感じた場合は、水道 修理業者に依頼して下さい。

■キッチンシンク下の水漏れと水道 修理のポイント

キッチンのシンク下も、水漏れなどのトラブルが起こる場合もあります。
排水管や接続部分などの部品は金属を使用していないことが多いです。経年劣化や気候の影響で破損やひび割れを起こす場合も多く、水漏れの原因になります。水道 修理にあたり、接続部分に緩みが生じている場合は締め直して下さい。パッキンの劣化の場合は、部品にゴミを除去したうえで取り付けると良いです。
固形物やゴミが蓄積されることによる排水ホースの詰まりも、水漏れの原因になります。定期的な清掃やラバーカップを用いて、詰まりを解消させることが必要です。ひび割れや接続が出来ていなかったり、流しとの間にシーリング剤が剥がれている場合も、トラブルに繋がります。ホースのひび割れ等を応急処置で水道 修理する際、ビニールテープで固定する方法もあります。何重にも貼ることで高い強度をもたらします。

■まとめ
キッチンの機器はもちろん、シンク下も経年劣化や異物が流れるなどで水漏れの原因になります。簡単な処置の場合は自分で水道 修理することも可能です。部品接続の場合は、工具と知識が必要な場面も出てきます。難しい場合は、二次被害を防ぐために水道 修理業者に依頼して下さい。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ