キッチンの給湯器 水漏れが起きる原因と水道修理について

キッチンで給湯器を使用していると、給湯器 水漏れなどのトラブルが生じることがあります。機器や部品の寿命は概ね10年で、使用年数や使用頻度に応じて修理が必要になります。長期間使用していなくても、凍結などで使用できない場合もあります。

■キッチンでの給湯器 水漏れの原因と水道修理について

キッチンでの給湯器 水漏れの原因がわからないことには、水道修理をすることが出来ない上、対処にも繋がりません。
冬場は配管の凍結が起こることで、破裂してしまい給湯器 水漏れに繋がります。予めタオルや発泡スチロールを巻くことで予防することも出来ますが、破裂した場合は水道修理業者に相談して下さい。
キッチンの給湯器配管接続部分には、パッキンで給湯器 水漏れを防いでいます。10年以上使い続けていると硬化して、弾力がなくなります。一か所の劣化に伴い、複数個所やられてしまう可能性が高いです。水道修理業者に修理や点検をしてもらい、対処することが必要です。
長期間使用していない場合は、内部の圧が上がっている状態です。故障ではありませんが、対策として給湯器内部の水を抜いておくことがトラブル回避に繋がります。

■たとえ小さなキッチン給湯器 水漏れでも水道修理に依頼へ

キッチンの給湯器 水漏れトラブルにて、内部の場合はガスが不完全燃焼を起こす可能性があります。安全装置が作動していても、一酸化炭素中毒に繋がる可能性があります。特に賃貸物件の場合は、住民の生活に影響を与えかねません。ガス給湯器の使用はやめて、水道修理業者に速やかに相談して下さい。
自分でキッチン給湯器 水漏れ修理を考える方もいますが、内部は複雑な性能になっており、配管の接続が必要な場合になると、相応の知識がなければ事故に繋がりかねません。ビニールテープを用いて修理する方法ですが、かなりの高温ですから溶けてしまう可能性がありますからやめて下さい。
水道修理業者に依頼する前に給水元栓を閉めておくことで、被害を広がることを防ぎます。依頼する業者選びは、実績と資格保持者の有無を確認すると高い信頼性が確認できます。一方、賃貸物件の場合は、管理責任者に相談してからが良いです。

■まとめ
キッチンの給湯器 水漏れの原因は、経年劣化によるものや気候の影響などがあります。可能な範囲にて予防することも必要ですが、修理が必要な場合は水道業者など専門の方に依頼して下さい。たとえ小さなトラブルでも放置や間違った処置をすることで、大きな事故に繋がりかねないため注意が必要です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ