キッチンの給湯器で水道修理の必要場面の見分け方

キッチンの水道に給湯器を設置している場合、機器のトラブルや外気の影響を受けて給湯器 修理が必要な場合が出てきます。原因と症状、対処法を知ることで、業者に依頼する際にも冷静な対応に繋がりやすくなります。

■給湯器の水道修理が必要な場合

日常生活で起こり得る、給湯器 修理が必要な場面はいくつかあります。お湯が出ない場合は、ガスのトラブルが疑われます。プロパンを使用している際、ガス切れの場合は業者に確認が必要です。給水バルブや給水栓が開いていない場合や、フィルター詰まりの場合も水やお湯が出なくなることがあります。災害時には、安全装置が作動することでガスが止まっているため、開通をした上で確認することが必要です。追い炊きが出来ない場合は、メーターが遮断され止まっている場合も考えられます。修理や点検が必要な場合は、水道業者に依頼すると良いです。
リモコン操作が可能なガス給湯器は、リモコンが作動しないというトラブルも起きます。特によく使用するボタンが故障に繋がりやすいです。お子さんがいる家庭では、力加減がわからず故障に繋がりかねません。本体と互換性のあるものを選ぶと良いですが、メーカーに確認する方が確実です。

■給湯器の使用が危険な場合は水道修理業者へ依頼

給湯器は一つの機械ですが、事故に繋がりかねないトラブルも起こりえます。煙が出たり異臭が起きていたりする場合は、不完全燃焼や機器の不具合が生じている可能性があります。笛のような音が出る場合は、モーターの不具合やガスの不具合が多いです。どちらもそのまま水道を使用すると危険な状態のため、使用をやめて給湯器 修理を依頼します。
水道の配管は本体の内外部にあります。配管やパッキンの劣化で内部からの水漏れが生じている場合は、水が給湯器に流れることで漏電に繋がりかねません。この場合も使用はやめて、早めに給湯器 修理を行うことがおすすめです。
内部は電子機器ですから、埃や湿気の影響を受けてショートしてしまうこともあります。このような修理を行う場合、修理費用が高額になることもあるため、性能の高いものに買い替えしたほうが良い場合もあります。

■まとめ
ガス給湯器をキッチンに設置している場合、水道やガスのトラブルや安全装置の作動で正常に使用できない場合もあります。自分で対処可能なものもありますが、水道やガス業者に確認すると安全です。煙や異音が発生している場合は事故に繋がりかねないため、給湯器 修理及び買い替えが必要になる場合もあります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ