キッチンの水道 修理を防ぐためのポイント

キッチンの水道 修理を防ぐためのポイント キッチンは食事の準備や後片付けなどで、生活場面で欠かせない箇所の一つです。毎日きれいに清掃をしていても、食べ物や洗剤などが少なからず付着しています。詰まりはもちろん、給湯器や排水管も劣化や機器のトラブルが起きることで水道 修理が必要な場面も出てきます。
シンク下も水漏れなどのトラブルになる可能性があります。放置してしまうことで、床下が水でやられてしまったりカビが生じることで、衛生的に悪影響を及ぼしかねません。各種構造を知った上で日頃からメンテナンスや清掃をすることで水道 修理の回避に繋がります。

■キッチン詰まりは、水道 修理に至る前にまず予防

キッチンは、食べかすや洗剤や食用油を流すことが多いです。排水トラップに各種汚れが付着することで、細菌などが発生します。さらに放置してしまうと排水管やシンクにヌメリを生じて詰まりを引き起こします。
費用を抑えて衛生面を清潔な状態にするためにも、可能な範囲自分で予防や清掃に努めることが必要です。食材洗いやコメの研ぎ汁を流すとき、排水管に少なからず異物が流れている状態です。排水トラップ及び排水口にゴミ受けをセットした上でネットをつけることで、異物が流れるのを抑えます。
流れが悪くなった場合は、排水管にゴミやヌメリが蓄積されている状態です。パイプ洗浄剤を用いて清掃をして下さい。ラバーカップがあれば、シンクにつけてから異物を除去する作業をします。それでも対処できない場合は、水道 修理業者に依頼することになります。

■キッチンの水道 修理を防ぐための豆知識
詰まり予防や衛生面を清潔な状態に保つことは、定期的なメンテナンスはもちろん水道 修理予防にも高い効果をもたらします。
一週間に1回程度、重曹とお酢を使って排水溝を清潔な状態にします。排水溝に重曹をまき半分の量のお酢を振りかけてから、15分程度放置します。あとはお湯で流すことで、ヌメリ除去が出来る上発生しにくくなります。
アルミホイルも、予防には高い効果をもたらします。水にぬれることで金属イオンを排出していきますが、雑菌作用があります。細菌やカビの発生を防ぐことができ、ヌメリを引き起こしにくくなります。アルミホイルを小さく丸めるだけで、排水口に2から3個置くだけで良いです。洗い物などで水を流すだけで効果をもたらすことも魅力的な要因です。

■給湯器があるキッチンで水道 修理業者に依頼する前の予防

給湯器をキッチンに設置している場合、一つの機械ですからトラブル回避に関する知識があれば、水道 修理が必要な場合も冷静な対処に繋がります。
給湯器は、年数が経てば機器の内部及び配管にて劣化が生じやすくなります。特に10年以上経過したものだと、故障が起きやすくなっています。
給湯と追い炊き回路は分離されているため、どちらかが不具合を感じた場合には機器の故障が疑われます。自分で処置することは火災や事故を引き起こす原因になるため、必ず業者へ依頼しましょう。水道 修理業者に依頼する場合も、年数が経っているものだと保証期間や性能の問題からも給湯器 交換の方がコスパが高くなりやすいです。
給湯器の使用にあたり、家族が増えたり気候の影響から機器の使用頻度が増える場合もあります。能力以上に使用してしまうことで、トラブルの原因となります。予め給湯器の号数を確認したうえで、適切な使用をすることがトラブル回避に繋がります。

■まとめ
キッチンは毎日使用することで、食材や油汚れからのトラブルが起きやすくなります。清掃や薬剤を用いての予防をすることで、水道 修理をすることなく長期間快適な使用ができます。給湯器は適切な使用が長持ちをする秘訣ですが、古いタイプやライフスタイルに合わないものだと買い替えの方がコスパは高くなります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース